速報:札幌市が2026年冬季オリンピック立候補を検討

2013.9.19|オリンピック速報

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

a1180_000631

昨日、北海道のHBCラジオ(TBS系列の放送局)の夕刊おがわを聞いた方はご存知かと思いますが、札幌市長並びに北海道知事が2回目の札幌オリンピックを検討していることが話題になりました。(全国区のラジオではないので他県の方のために今日は記事を書きますね)

 

正式には立候補をまだするかどうかはわからないとしても、検討段階に北海道が入っているということです。高橋はるみ知事や札幌の上田文雄市長は冬季五輪の開催を視野に入れているということで、立候補は早くても2026年以降が濃厚ということです。

 

なぜ東京五輪招致は成功したのか? (扶桑社新書)
by カエレバ

 

 

なぜ2026年かという問題ですが、基本的にオリンピックは持ち回りという感じで動いているので、2018年が韓国のピョンチャンオリンピック開催ということなので、2022年は欧米で行なわれる確率が非常に高いからです。すでにスキー場情報ブログでも2022年冬季五輪の開催地についての速報を流していますが、今年の11月に立候補地が出揃い、冬季五輪開催地のロビー活動が活発化していきます。

 

参照記事:キャスパーFIS理事はオスロを支持?2022年冬季オリンピック会場立候補地一覧(検討段階)

 

上記の参照記事を見ても中国以外は欧米ということで、タイミング的にもヨーロッパ諸国が2022年を狙っているのがよくわかるかと思います。個人的には夏に南半球で「夏季冬季五輪」のダブル開催(凄いビックな大会になるでしょうねきっと)があっても面白いのではないかとちょっと思ったりもするのですが、今のところオーストラリアやニュージーランドが立候補しないようなので、しばらくはこのまま進むものと思われます。

 

2022年に札幌は立候補しても良いのでしょうが、確率的に韓国に続きアジアで2大会連続開催は難しいので、2026年以降の立候補になる可能性を札幌市と北海道は示唆しています。

 

ただ問題点もあり、札幌の街のインタビューでは望む人も多いのですが、北海道の人口は2026年頃には500万人程度になります。果たしてどの程度日本経済に貢献できるのか?という疑問もあり、北海道は良くても全国各地にお金がどの程度動くのかわかりません。ただ、北海道は今ニセコを筆頭に、オーストラリアやヨーロッパ、アジア各国からスキーヤーが来るようになり、新千歳空港も拡張。新千歳空港とジェット化が進む丘珠空港の2つの空港を使って、北米に最も近いHOKKAIDOをハブ空港化する計画もあるようで、北海道は北米の航空会社に売り込みをかけるなどかなり活発化しています。

 

日本の中でも外国の風土に近い北海道。このHOKKAIDOブランドを世界に売り込みをかけるにはやはり冬季オリンピック開催が1番ではないかと思います。また、場合によってはアルペンスキーは二セコ、スノーボードやフリースタイルスキーは札幌の大通り公園と札幌ドーム、スケートは帯広や釧路など地方でやる案も期待されています。オリンピックでは前代未聞の公園、ドーム内のスキー競技開催も北海道は展開できるのではないかと思います。

 

予算の問題、東京五輪から6年後の開催など様々な課題がありますが、北海道と札幌市がどう動くか注目です。

 


スキー場情報ブログはトップページで24時間365日自動更新しているスキー専門のニュース速報ブログです。また、札幌、仙台、東京、新潟県、群馬県、名古屋、大阪、福岡など全国各地のスキーショップ情報を配信中。アルペンスキー(SL、GS、SG、DH)モーグルなどのフリースタイル系モデル、テレマーク、バックカントリーなどのスキー板、ブーツ、ビンディング、スキーウェア、帽子、手袋やバック、ゴーグルなど7万点以上の品揃え。取扱店も多く、価格比較ができたり、半額セールも24時間確認可能です。通販限定のお得な情報などもたまにあり、送料無料、クレジットカード払いによる分割払い決済、代引き対応可能なスキー用品専門店はもちろん、即日発送で次の日に届く商品もあります。(対応できない商品もあり)2014−2015ニューモデルの早期予約、旧モデルのバーゲンセールなどの安い情報、在庫状況、ルール改正や新種目などのニュースなど「皆様が欲しい情報」をお届けできるよう日々更新し続けています。


Tags: ,
コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

*

トラックバックURL